コロナ近いか

 

 新型コロナウイルス感染者が、47都道府県と空港検疫で、4576人確認された。

 感染者が4000人を超えたのは2日連続。

 大阪府では1208人。3日連続で1000人を超え、過去最多を更新。

 東京都は729人。2月4日(734人)以来で2カ月半ぶりの700超え。

 

        

        f:id:komut:20210416071841p:plain

 

 

 

 

 

雨の中のボランティア

 

 年に4、5回のボランティア活動だというのに、雨に見舞われるのは日頃の行いの悪

いせいか。

 小糠雨だったのが、開始の7時30分には、土砂降りになった。30分間の我慢。

 

 明日15日まで行われている春の交通安全運動実施に伴う、交差点での立哨活動だ。

        

        f:id:komut:20210414103335j:plain

 

  立哨なんておこがましいものではない。

 ただ、春の交通安全運動をやってるから、この機に注意しましょうね ・・・だ。

 

 関東平野の端、国道ではあるが山にある交差点、この時間帯には車がけっこう通る。

        

        f:id:komut:20210414104322j:plain

 

 雨が止むなんてご褒美もない。

 

 

 

 

木の芽ご飯

 

 そのコシアブラを炊き込んだご飯が美味かったというのでやってみた。

 木の芽の香りを楽しむことは出来た。

 

        

        f:id:komut:20210414112840j:plain

 

 まあ、いつもの白いご飯とは違って、目先を変えることにはなったが ・・・。

 

 ご飯がまずいわけでも、食欲がないというのでもないから、山菜を楽しみたいのだ

が、春の木の芽の緑を出すのに失敗していてる。

 

 大きく伸びたのをおひたしで食べたが、その青をたっぷりと味わっていた。

 白米を炊いたところに、刻んだコシアブラを混ぜるべきだった ・・・。 

 

        

        f:id:komut:20210414112827j:plain

 

 仏壇に供えたが、下手だな、なんて母も祖母も笑っているだろう。

 

 

 

 

幻のホールインワン

 

 松山がマスターズに勝った日に、私はホールインワンを達成した。

 ところが、それを証明してくれる人がいなかった。

 お願いするが、誰も頷かない。

 

 だから、幻のホールインワンになった。

          f:id:komut:20210413084100p:plain 

           那須野ヶ原CC No.3 149yds-8I

 

 コンペででもあったらよかったのだが、仲間同士だったからね。

 それにしても、ゴルフ場のコース管理の人たち、後続組の人たちが証明してくれない

とは予想もしていなかった ― 私たちは、まだティーングエリアにいるのだから ・・・。

 

 

 その程度の証明で、ホールインワン保険の会社が適用を承諾してくれると思っていた

からがっかりした。

 何も失ったわけではないが、とても損をした気持ちになった。

 私には、まだ逆風の幻だった。

 

 

 

 

山道を歩くと

 

 土日がその日になると、特に山道や雑木の間を歩く。

 足腰の筋肉を眠らせないようにと考えている。

 

 その目的とは別の幸運にであう。

 西日を受けているタラの芽だ。

      

 

        f:id:komut:20210412071514j:plain

 

 周りにも何本かある。

 思わぬ収穫。

 

 

 この頃から山菜と言われる木の芽やゼンマイなどが伸びてくる。

 コシアブラの好まれる一つだ。

        

        f:id:komut:20210414101812j:plain

 

 

 こういう木の芽に毒なものはないらしい。

 ただ硬くて食には適さないようだ。

 ウルシは食べられるそうだが、何だか痒くなりそうだ。食べない。

 

        

        f:id:komut:20210414102313j:plain

 

 この頃だと、ムラサキツツジが並んで咲いている。         

 

        

        f:id:komut:20210414102514j:plain

 

 タラの芽やコシアブラの天ぷらなどに、この花を添えたら美味いだろう。

 

 

 

 

ゴルフはパター

 

 ゴルフは、パッティング次第だ。

 カップに入れる最後の1打がすべてだ。

 

 2nd,3rd ショットがピン近くに打てれば、それにこしたことはない。

 しかし、1mの下りもあれば、カップの縁に蹴られることもある。

 また、グリーンの遠くから入ることもあるし、20mのパッティングが1発で飛び込むこともある。

 

 マスターズ2日目、松山秀樹のNo.16,17,18 で、それが出た。

 No.16で、3バットのボギー。

 No.18は、1ピンに付けてバーディー上がり。

 

        

        f:id:komut:20210411073445p:plain

 

 これで、1日目の-3から1つ伸ばして-4、6位タイとなった。

 3日目に期待できる。

 

 

        珍しいことがあった。

        マスターズ史上もっとも無謀、という見出しが付いていた。

        韓国のキム・シウーが、No.14で3パットを叩き、No.15でアプロー

       チをミスすると、握っていたパターぐにゃりと曲げてしまったのだ。

                        

                f:id:komut:20210411074520p:plain

              残り3ホール、3Wでパッティングやった。

    

 パターでは、力一杯はたたかない。

 だからこそ、力加減が難しく、全てのショットに影響するし、結果が精神状態を大き

く揺り動かす。

 いや、この一流プロでも、短いのを外すこともある。

 

 

 

 

 

寒い朝続く

 

 今朝は予告通りに冷えた。

 自宅で氷のない0℃。

 昨夜のきれいな冬の星空が言っていた通りだ。

 

 半袖にしたウィンドブレーカーを長袖にしたのは、そこに早めに出掛けたからだ。

 気になることがあって、練習をするために来たのだ。

 

 その前に、確かな春の景色にであった。

      

     f:id:komut:20210410092914j:plain

                     

                  f:id:komut:20210410092959p:plain


 道路を隔てたむこうにある牧場だ。

 新緑がいい。広さを切り取るのに失敗している。

 この景色は、低い気温に長続きするだろう。

 

 9時過ぎにコースに出ると、午後に向かって北東の風が強まった。

 半袖のウィンドブレーカーを持ってきたが、長袖に着替えることが出来なかった。

 

     いつもラウンドしている○金さんが体調を崩した。

     6つ余先輩で、いつも健康を気にかけていたが、この寒さのせいか。

            

 桜は早く来たが、ここの朝の低温は続くらしい。

 そんなものに影響を受けているか、コロナにいい習慣が崩されているのか。